赤いガラス

ガラスを扱っている方には常識なことですが
赤いガラスというのはとても扱いが難しいのです。
なぜか?詳しい説明は出来ません…σ(^_^;)?
本職ではないので…
私がシルバーにはめているガラスは琉球ガラスのクズ、ちっちゃい破片です。
青、水色、緑、赤(オレンジや黄色っぽいのもあり)がMixされて一袋に入って売っていました。
それらを電気釜で一回焼いて丸い粒にします。
その粒を整形した銀粘土に嵌め込みまた電気釜で焼きます。
つまりガラスは2回焼かれるわけです。
赤以外のガラスは2回焼いても色は変わらないのですが
赤だけは2回目、下手をすると最初から黒っぽくなってしまいます(T^T)
なので、赤色は殆ど使っていませんでしたが、
今回沢山作った中に1コだけ赤のガラスを使ってみました。
結論からいうとやっぱり失敗、黒いガラスになってしまいました(ToT)
でも失敗だからといって使わないのは勿体ない!!
ので自分用にしてペンダントを作りました。

陽に翳すとわずかながら赤いのがわかりますよ♪

ヘンプは赤、茶、ピュアの4色を使いました。
この組み合わせは初めてですがとってもいい感じにできたのでお揃いでブレスレットも作っちゃいました(^-^)

ちょっと暗いですかね~
さて、後2日と迫ったちむちむ市場 http://timutimuiciba.ti-da.net/
アーケード内なので雨でも大丈夫なのですが寒いのは嫌だな~
沢山の方のお越しをお待ちしておりますm(__)m
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 銀粘土へ
にほんブログ村

↓ 応援ありがとうございます

↓ こちらで販売しています


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする